<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

安曇野・長野へ①

先週の土日を利用して、長野県の安曇野と長野市に行ってきました。

(わたしの)旅の最大の目的は、安曇野にある「安曇野ちひろ美術館」に行くこと!


e0056560_1092146.jpg

ひろい敷地の中には子どもが遊べる小川があったり原っぱがあったり。
ゆったりとした小さな丘に続く道を登って、ちひろ美術館です。


(写真の「89」と書いてある石のオブジェはチェコの絵本作家パツォウスカーのもの)


東京とここ安曇野にある、ちひろ美術館。
安曇野は戦後、ちひろの両親が開拓農民として暮らし、幼い頃から親しんだ土地なのだそうです。


はじめて目にした原画をみて、ちょっと涙がこみ上げてきました。
丁寧に丁寧に描かれたスケッチの鉛筆の線や、繊細な水彩。
やさしいまなざしで、こどもたちを描いていたんだな、というのが伝わってきて
今までいろんなところで見たことがある絵が違ってみえました。

また、こどものしあわせを誰よりも願っていたちひろの「戦火のなかの子どもたち」。
ちひろはどんなことを感じながら、こどもたちを描いたのだろう。
娘のちいさなふっくらとした手と、絵の中のこどもが重なって
胸を締め付けられる思いでした。



e0056560_10523373.jpg
さて。展示をざざっとみて、近くに住む、うちの信州営業所のSさんと待ち合わせのため一旦外へ。
入館証があれば、一日何度でも再入場できるのです。
(高校生以下は無料ですが、申し出れば子どもの入館証ももらえます)


Sさん(オッチャンです)夫妻の案内で、地元の美味しいお蕎麦のお店に連れて行ってもらいました。
「のどごし」ってこういうことを言うのだな~と、感激のざるそば。
ホッピー氏は2人前をペロリと食べていましたが、地元の人は5人前(「気狂い盛り」)を食べていました。
恐るべし…

その後、Sさん行きつけのお餅屋さんへ。
面白いお店のおじちゃんおばちゃんとお話しながら、「凍もち」をいただきました。
凍もちとは、お餅を軒先に吊るして冬の間凍らせたもの。
昔の保存食だそうです。水とお湯で戻して食べます。
初めての食感で、めちゃめちゃ美味しかったです。
離乳食にも良いそうで、お湯で溶いて娘にあげると全部食べてしまいました。

しかしのんびりしてて、いいなぁ。
Sさんの奥さんも、お餅屋のおじちゃんおばちゃんも、よくちひろ美術館に行くみたい。
近所だもんなぁ。いいなぁ。
(おばちゃんのエプロンの下はちひろTシャツだった)
外の人たちだけでなく、地元の人にもちひろは愛されているのだな。

e0056560_1115133.jpg
「観る時間なくなるで、早く行くズラ」というSさんのお言葉に甘えて、お餅屋さんでお別れして再びちひろ美術館へ。
途中、田んぼに車が落ちていてビックリした。まっすぐな一本道なのに。。。

美術館にはこどもの部屋や本の部屋があるので遊んだり(ここで、同じくらいの歳の男の子とじゃれあい泣かした娘…)、カフェでお茶をしたり。
うーん、一日中いたい!

また来よう。ぜったいに。
今度はじっくり見れるといいな。

(つづく)
[PR]
by ryo-5-1006 | 2009-06-23 11:27 | メモ

おいおいおい…

e0056560_15155872.jpg



携帯電話が壊れました…

娘のペロペロ・ガシガシにより、水没(?)。
「決定キー」が動かないので、使えません。

まだ機種変更して1年もたっていないのになー。

まあ、わたしが悪いんですけど。。。

防水仕様にしようかなぁ。
気に入ったデザインのがあるといいんだけど、au。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2009-06-16 15:20 | メモ

ドーナッツ!

e0056560_941029.jpg

ホッピー氏の出張土産。
大好きなDOUGHNUT PLANTのドーナッツ!!

あらかじめ4種類のドーナッツがセットになっているボックスを買ってきてくれた。

下段の真っ黒いのが「ブラックアウト」・その右隣が「トレスレチェ」、
上段左が「ソルティキャラメル」・右が「バニラビーンズチョコレート」




ドーナッツBOXは3種類あるみたいなんだけど、わたしが一番好きそうなのを買ってきたホッピー氏。
さすがであります!excellent job!!!であります!
前から食べてみたかったのがトレスレチェなんだけど、中に練乳みたいなのが入ってて期待を裏切らない美味しさだった~
でもこの中で一番美味しかったのがソルティキャラメル。舌に塩っ気を感じたな、と思ったら甘いキャラメルの味が次に来て…
と、うまく伝えられなくてゴメンナサイ。

毎日食べるなら「フロレスタ」のドーナッツなんだけど、やっぱりドーナッツプラントも好きだ。。。
e0056560_10111134.jpg

                       → フロレスタ















e0056560_10161283.jpg

← 今話題の「はらドーナッツ」 
   おからを使ったドーナッツで、辺りがぷーんといい匂いでした。
   藤が丘の駅の高架下にあります。
   女子の好きな感じの可愛いお店です。
   美味しかったけど、わたしとしてはフロレスタ>はらドーナッツ、かな。
   まあ、好みがあるので偉そうなことはいえませんが。




ドーナッツはめっちゃ濃いコーヒーと食べるのが一番美味しい。
あー幸せ~♪


そうそう。ミスドから出たドーナッツにディップする「ディップリン」。
あれを凍らせてみたら美味しかった。
ドーナッツにつけるより、単体で凍らせたほうが美味しかったよ。

font>
[PR]
by ryo-5-1006 | 2009-06-11 10:27 | メモ

日々おもうこと

わたしの手元に、新聞の切り抜き。
昨年妊娠中に実家に帰っていたとき、新聞を読んでいて思わず切り取ったもの。
「記者ノート」という小さなコーナーに載っていた詩。

詩人の茨木のり子さんの「自分の感受性くらい」という詩。

 
  … ぱさぱさに乾いてゆく心を ひとのせいにはするな
   みずから水やりを怠っておいて


  … 駄目なことの一切を 時代のせいにはするな
   わずかに光る尊厳の放棄

  … 自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ


2008年の何月だったか忘れてしまったが、毎日新聞の記者さんが紹介していた。
秋葉原の無差別殺傷事件について触れた時に、記者さんが学生時代こころに響いた詩として載せていた。

それを読んだとき、わたしも茨木さんに一喝されたようではっとなった。
忘れちゃいけない、と切り抜いて手帳にはさんだ。


「すべてに、丸をつけよ」 
と、いう山田詠美さんの小説「ぼくは勉強できない」に出てくる言葉も
ずっとずっと自分のこころの中に残っている。
ただ、すべてにはそうできないわたしなのだけど…。


こうじゃなきゃダメ、あれはダメ、って頭で決めつけてしまう自分。
たくさんのおもしろいことに出会う機会を自分から捨てているのだなぁ、と思ったりする。
自分の美学に反するものってちゃんと持ってなきゃいけないと思うけど、
やはり食わず嫌いはダメだなぁ、と。

e0056560_10315870.jpg


これからたくさんの「〇」をつけていくであろう娘。
(と、同時に自分なりの「×」も)
わたしも歳だから、なんてひるまずドンドンいろんなことに取りかかってみよう。


と、寛平さんのアースマラソンを見ながら思った。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2009-06-04 10:37 | メモ