<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

くぬぬぅ…

e0056560_2140306.jpg











わーい、わーい!
やっと明日は金曜日だい♪













タイトルの通り、今週は仕事で「くぬぬぅ…」とこぶしを握り締めることが何度かありました。
特に昨日なんてさー、
朝っぱらから電話でお客さん(お役所関係の某病院の事務のオッサン)から、
怒鳴られましたよー。
久々に涙がでてきましたよ。

うちの会社の対応が悪かったのもあるんだけど、
「おちょくっとるんか!」(マジでこう言ったんだよ。信じられん、社会人としてこの発言)って、
”んなわけねーじゃん!!!!” って切れそうになったけど
ぐっとガマンガマン。
顔が見えない電話の対応こそ「会社の顔」って思うから、
丁重に丁重に謝って、正しい案内してんのに
ますますヒートアップして、人の話を聞いていないの。

「××の件の、どういったことでしたでしょうか?」って粘り強く聞いても
一向に理由を言おうとしない。
怒って文句をこちらの対応に対しての文句を言うだけでさ。
”だからクレーム付けてる理由を聞いてるじゃん、何が言いたいのか言わなきゃ
こっちも対応できんがな”って思うんだけどさー。

女子社員だからって、調子に乗るなよジジイ!

…と、いうことで呪いをかけて(例のごとく…)おきましたワ♡

前の日に企業の「クレーム係」の人に密着するテレビ番組を見ていたんだけど、
それと比べるとわたしのなんて、まだまだだなあって思った。
言い方が悪いけれど、いつもわたしたちは「人のとばっちり」を受けて怒られるわけだけど、
毎日クレーム処理をしている方たちは、そう思いながらも
適切にお客さまの事を考えながら対応しているんだなぁ。
頭が下がります。

同僚のHちゃんは、以前クレーム電話のオペレーターをやっていた事があって
やっぱりストレスのたまる仕事だと教えてくれた。
発散できるタイプはいいけど、内にこもっちゃう人だと体とか壊すよねぇ。
一緒に働いていた仲間は、えん魔帳ならぬ「つけつけ帳」というものを持っていて
悪質な(?)クレームを記録していたらしい(^~^;)

まぁ、いろいろ話して、すっきりした~
午後にはお腹を抱えて大笑いする出来事があったり、
大好きなビョークのPV(しかも初期の頃の)を見てわくわくしたりで
結局いちにち終わってみれば、良い日だったなぁと。

そうだそうだ。
老子も言ってるよ、「あいつムカつくなー」と思ってもこぶしを振り上げてはいけない。
「報怨以徳」、憎悪の念は慈愛の心をもって許してあげなさい、と。

そうは言っても、なかなか難しいけどね。
憎い相手の事が頭から離れられないけどね。

でも、そんな相手を罰するのは天なんだよ。
お天道様はすべてお見通しなんだって。

良いことも悪いことも、天にまかせておく。
それが「道(Dao)」の人の生き方なんだって。


グチばっかのメモを最後まで読んでくださってありがとうございます。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-05-31 22:39

老子がいうには…

e0056560_2171893.jpg


世の中には / やわらかなものと
固いものとがある
生まれたての赤ん坊は / いかにもやわらかく弱々しい
それが年老いてゆくと / だんだん固くなり
最後は死んで硬直してしまう

     … … …

だから、次のように言うことができる
固さとは、死と老いのシンボル
やわらかさとは、生と若さのシンボル
そもそもいのちとは / やわらかくしなやかなものなのだよ
やわらかな木や枝はなかなか折れにくいが
固い木や枝はぽきんと折れてしまう
頑丈な武器も同様でね / 強大な軍隊も
ただ剛強なだけでは勝てない
臨機応変に対処できるやわらかさと
しなやかさがなくてはね
結局、ものごとの最後はつねに
柔弱なものが / 剛強なものに勝つのだよ


( 『自由訳 老子』 新井 満 より抜粋)


最近、何度も読んでいる「自由訳 老子」。
ふと書店でこの本を手にとり、思わず買ってしまいました。
別の著者の「孔子」の訳の本と迷ったのだけど、
ペラペラとページをめくると、
まさに”自由訳”の通り、老子の言葉がすうっと自分の中に入ってきたので、こっちに。

学生の時、漢文の授業って大好きで
「むかしの中国の人ってすごいなぁ。いいこと言うなあ」って毎回思っていたのだけど、
こんなにじっくり読んだ事がなかったので
ゆっくりゆっくり噛み砕いて読んでいます。
新井満さんによる「自由訳」なので、漢文はページの下段に少し載っているだけだけど
その漢文から老子の言わんとすることに考えをめぐらすのも楽しいです。

さて。
老子は、わたしたち(わたしとわたし以外の全ての存在)を生んだもののことを
「道(Dao)」と捉えていて、
「道(Dao)」とわたしたちはつながっている、「道」から離れてはいけないし、
さからってはいけない。
「道」に迷ったときは、「道」に尋ねなさい。
「道」は何をして、何をなさざるべきか、どちらに行き、いかに自分は生きるべきかを
教えてくれるだろう、と言っている。

むむむ…。
そして、「道」は宇宙のように大きくて、
この世界に空気のように充満しているエネルギーのようでもあるけれど、
「道(Dao)」にめざめた人には、「道」がはっきりと感じられ、見えるのかもしれない。


e0056560_21412557.jpg
この本の中に何度も出てくる「ゆったりとおおらかにね」という言葉は
老子が「道」から語りかけているようだ。

たくさん紹介したいものがあるのだけど、日々の、今日のさまざまな出来事に
こんな老子の言葉を。

「足るを知れば、はずかしめられず
止まるを知れば、あやうからず」
… … …
足ることを知りなさい
もっともっとと追いかけるのではなく
ほどほどに満足していきなさい
ゆったりとおおらかにね
これが”道(Dao)”の人の
生き方なのだよ



まさに、そうだねぇ。
「腹八分目」なのだよね。
欲張れば、からだは重くなり気持ち悪くて吐き出してしまう。
沢山の情報に囲まれ生きているわたしたちは
いつもいつも様々な欲望を持っているけれど、
「道」に耳を傾けなければならない。

とても解りやすい言葉で書かれているこの本はおすすめです。
何度読んでも、新鮮にわたしの中にしみ込んできます。
でも、まだ全部理解しきれていない。(当たり前だ)

ゆっくりと読み重ねていきたいな。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-05-28 21:41 | メモ

あれこれメモ

久しぶりの更新です。

ダリ展に行ったり、飲み会があったり、演奏会に行ったり楽しい毎日です。
いろいろ忙しかったりするんだけどね。
(この後も洗濯物をたたんでアイロンがけが残っていたりします…)

11日から名古屋市美術館で始まった「ダリ展-創造する多面体-」。
私たちは初日の午後に行ったのだけど、なかなかの人でした。
800円でペアで解説が聞ける機械をかしてもらえるので、ホッピー氏と仲良く視聴。
でもね、2人のイヤホンがつながってるので
好き勝手にあちこち行けないんだよねぇ。

解説があると、やっぱりわかりやすいな。
サブタイトルである、「創造する多面体」っていう意味がちょっとわかりました。
今でもとっても刺激的で新鮮なダリの作品、彼が活躍していた頃って
人々の目にどう映ったのかな?
あとね、ダリってルー大柴に似てる気がする…

e0056560_210524.jpg

と、いうわけでダリシールを購入。
さっそく貼って遊んでみました。
(写真は我が家でホッピー氏に撮ってもらったんだけど、
展覧会の後、うれしくてカフェで貼って遊んでいたら
近くに座っていた男性に怪訝な顔でみられました…恥)










そして。
最近、長久手町で立てこもり事件があったのだけど、
まさにあの日の夜、長久手町にいたの。
「トリオ・カルロ・ヴァン・ネスト」の公演を聴きにいっていました。
近くで事件が起きていることも忘れるくらい素敵な演奏だったのだけど、
やはり帰りは大勢の警察官やテレビカメラがいて、
ほんとうに普通の住宅街なのに突然こんな事件が起きるなんて怖いと思った。
身近に起こりうる事なのだ、ということも思い知って。
自分勝手な理由で、人を傷つけたり殺してしまうなんて許せない。
しかも良い大人が。
e0056560_21125915.jpg

演奏会の感想。
ベルギーの若手のアーティスト(バイオリン・チェロ・ピアノ)のトリオ。
久々にこういった演奏会に行ったので、始終ウキウキしていました。

情熱的な曲が多かったのもあるけど、男の人が楽器を演奏するのって色っぽいなぁといつも思う。息づかいが聞こえたり。
…見るところがちょっと、チガウ??


→会場となった、長久手町文化の家。
 ベルギーの旗が飾ってあるのみえるかな?





e0056560_2124502.jpg
 
話があっちこちにいくけれど
(もー、更新しなかった間にいろいろあって話したいことがたくさんなの!)、これはカンペールのキーホルダー。
キヨには「野口さん(ちびまるこちゃんの)…?」と言われたけど、
ちょっと毒があって可愛いと思う。
ホッピー氏の靴を買ったとき、たまたま目について衝動買い。
これまた毒々しい柄のカバンにつけています。
氏の買った靴はね、ツインズなんだけど、ピンク色で可愛いんだよ。
わたしが履きたいくらい!!

って。。。
キヨ、あなたが言う通り案外仲が良いのかもねぇ、わたしたち。
ホッピー氏ばっかですな。


と、いうわけで今読んでいる「新訳 老子」の話とかもしたいのだけど
今日はここまで。
ぐちゃぐちゃメモ、最後まで読んでくれてありがとうございます!
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-05-21 21:33 | メモ

塚本くんおめでとう+memo

e0056560_2093476.jpg


おめでたいです!
塚本高史くん、結婚するよー。
朝イチでニュースを見た時は、大沢たかおの結婚ニュース以来の衝撃を受けましたが…。
しかも!
昨日、会社で「辻ちゃんも結婚するけどさー、塚本くんが結婚したら泣くなー」って話してたとこなの。
ほ・ん・と・になっちゃったよ。。。
自分の予言が見事に翌日に的中したことに、びっくり~
思わず同じフロアのHちゃんと朝会うなり叫んでしまいました。

いやはや、泣かなかったけどね。
なんかうれしいよ。
塚本くんパパになるしね♪♪♪
末永くお幸せに!
(写真は手前味噌で申し訳ないのだけど、わたしの結婚式の時の写真。
 ティアラは手作りしたんだよ。そして写真はプロのカメラマンさんに撮ってもらったもの)

今日は昨日の「真夏日」のような暑さとうって変わって、曇・雷・雨・強風の一日でした。
でも帰りには晴れていて、電車から見る風景がきれいだった。
雲間から射す日のひかりに思わず目を細め、
川の水や家々の屋根がキラキラ光っていたので
”いいもん見たなぁ”って思った。

こうゆう瞬間があるだけでも、今日いちにち何だか得した気分。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-05-10 20:22

おやすみ後半&memo

e0056560_21583093.jpg


e0056560_21592044.jpg




おひさしぶりです。
みなさんの休暇はいかがでしたか?
わたしは後半のおやすみは、こーんな感じでした。

毎年恒例の会社のB.B.Qで子供たちと野山を駆けずり回り(ホントに!)、
アスレチックではイラストの⑫番の「振り子渡り」が出来なくて
ほんとうに運動神経の無さにがっくり…。
コドモなんてね、ひょいひょいクリアしていくんだけど
みなさんはできますかー?

e0056560_2264373.jpg



e0056560_2282649.jpg








写真はB.B.Qの帰り道、渋滞を避けるため
テキトーに車を走らせたら、偶然その土地のお祭りに遭遇。
カメラを持ってこなかったことが悔やまれるくらい、圧巻の光景でした。
(ホッピー氏の携帯電話のカメラより)
この日は5月5日で子供の日だったので、
来年はこの日にまた訪れようと決めました。

あとは、Gyaoで「シャーロック・ホームズの冒険」を見たり。
しかもジェレミー・ブレッドが演じるホームズ!!
超・超厳選された4話を放送なのだけど、全部やってほしいー!!
NHKのDVDボックスは高くて買えないのだ。。。
しかし、「最後の事件」は今まで自分の中でタブーだったので
(勝手に、ね。だってホームズが死ぬのはやなんだもん)本も読んだ事なかったし、
この回を見るのも初めてだったのだけど、これを逃すといつ見れるかわかんないので見てみた。
結末が悲しくて涙がとまんなかったよぅ。
うー。ますます他の作品もまた見たくなってきた。NHKさま、再放送望む!

あと、「ビーナス&アポロ」というフランスのコメディドラマも面白かったよ。
ちょっとエッチで、でもすんごい可愛いの。
登場人物もニクめないキャラなんだよねえ。
こちらは全25話で、時間も20分たらずなので楽しめるとおもいます。


しかし今日も暑かったねぇ。
仕事中、平常心を保つのが大変だった。廊下の方がヒンヤリと気持ち良かったり。
今年の夏はどうなるんだろう?

あ!もうこんな時間だ!
今日は早く寝ると決めたのに…(今日は暑くて眠気にも襲われた)

でもその前に「粒マスタードだれ」のメモを。
 [・粒マスタード 大3 ・酒 大2 ・みりん 大2 ・砂糖 大1 ・醤油 大3]
これをフライパンで焼いたブリにからませると美味しい。
カジキにもいけるかも。
忘れないようにメモメモ。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-05-08 22:18 | メモ