<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

memo

やだン!
もう今月も終わりではないかっ。
今月は、この投稿も含め、3回しか日記を書いていないや…。

生きてましたよー!
でもなんだか忙しいのか、忙しくないのか、よく分からん今月のわたしでした。
今月はけっこう散財した(でも必要だったので、いいっか)けど、
お金おろしたら増えてた気がしたのは、25日がお給料日だったからですね。
そんなことも忘れてましたわ。
なので、書きとめておきたいことをメモ帳に書いてメモ。


e0056560_1485355.jpg

モレスキンに「CITY NOTEBOOKS」が登場。
第一弾にはマドリッドやバルセロナが。
 半透明のシートに色々書きこめて、自分だけの「旅ノート」が作れそう。
 3月下旬の発売。
 楽しみです。
MOLESKINE

e0056560_14212419.jpg


うきゃっきゃー
 買っちゃったよ、かもめ食堂のDVD。今さらながら…。
 しかも初回生産限定版(3枚組)!
 名古屋とかで売ってるのは通常版なのだけど、田舎のショピングモールの中のタワレコで発見。
 店頭に2つ並んでいたよ。モレラ岐阜、やるね。。。
 改めて見て、やはり良いなぁと。
 何回も何回も見たくなる映画。

e0056560_14315026.jpg

 最近、物や人の名前がすぐに思い出せないわたし。
 やばい…!
 単に脳が老化していると思われるが、
 わたしの場合、そのものや人・出来事に対して真剣に向き合っていなかったりするのではないかと。
 上っ面だけを「フフーん♪」となぞっているだけなので、思い出せないのね。

 老化と不誠実、どちらも問題ですがね。

 でね。ここで。
 もの忘れがひどくなる将来、これだけは忘れないようにと、このメモ。
 ルノーのカングー。
 ペーパードライバーなわたしは乗っているだけなので、車にはうるさいわけですよ。
 (フツウ、逆じゃ…??)
 車に乗っている時はだいたい会話は少なく、
 わたしは歌っているか外を見ているか、寝ているか走っている車の観察です。
 一般的な車なら、形をみたら車種が答えられますよ、けっこう。

 でねでね。おじいちゃんおばあちゃんになった時、乗ってるとかっこいいなと思ったのがカングー。
 デザインが素敵。
 いつかのために忘れないようにメモ。

e0056560_14472357.jpg
 よく、アイロンかけたり色々したりしながら見ている、NHK教育で20時45分からやっている手話ニュース。

 わたしは手話はできないので手話のために見ているわけではないけれど、
 聴覚障害者の視点からみたニュースが興味深くてよく見ている。
 たとえば、スペインのマドリッドに店員もお客さんも手話で会話するカフェができたとか、
 手話を一つの言語として使っている教育現場のリポートとか。

e0056560_15103968.jpg
 この前、しーまんと買い物に行ったときに買った帽子。
 絶対ひとりだったら入らないであろう、お姫様のようなぶりぶりピンクの乙女なお店にて。
 かぶるとちょっと大きめなツバの帽子。色は紺色。
 早く夏が来ないかなー。
 
e0056560_1515465.jpg
 同じものを食べているのに、ホッピー氏は順調に減量しています。
 お正月からマイナス3kg。
 むかし陸上をやっていた頃の体型はムリかもしれないけど、
 後姿なんて「すっきりしたねー」と見てもわかります。
 ジーンズのウエストがゆるいらしく、自慢げに見せてくる。。。イラっ。
 
 わたしは…。変わり無し!!
 しかし、この間とある申請で撮った証明写真が5、6年前の顔とちょっと違っていてうれしかった。
 自分なりに、ですけどね。良い方向に変わっていくといいなぁ。

e0056560_15224193.jpg
 そして最後に。
 トモさんが赤ちゃんを出産したよ!!
 おめでとう~♪♪

 命がうまれるって本当に不思議で、すばらしいことだよね。
 健やかに育ちますように。
 たくさんの可能性を秘めた、赤ちゃんのこれからの人生ってすごく楽しみ。

 いやいや、わたしたち大人だってまだまだこれから。
 
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-02-25 14:18 | メモ

自分のテンポで

土曜日、幼なじみのきよに会いに実家に帰る。
(と、いってもわたしの実家には寄らず。入れ違いで両親は岐阜市に遊びに来てたんだって!)

りっくん、大きくなったねぇ。
表情も豊かになって、にっこりされるとこちらまで顔が緩むのね。
ああ、この笑顔があるから色々大変でも許してしまえるんだな…と、実感。
ママさんになったらたくさん自分の子供が笑う顔見たいなぁ。

それにしても、ほんっとーーーーに、親になるってすごいことだよね。
尊敬のまなざしできよをみつめておりました。
途中でホッピー氏も合流してワイワイお話をしました。
わたしたちもよい親になれるかなぁ?

日曜日はしーまんとデート。
ご飯食べながら、買い物しながら、お茶しながらずーっと、
ほんっと頑張らないかんよね~オンナとしてもさーとか話していたけど、
いつもやっぱり自分は自分のテンポでいいじゃんっていう結論に。

うふ。そんなこんなでいつも進歩がない(?)わたしたちだけど、まあいいじゃん。

あと。きよ、しーまん。わたしってそれほどの者じゃないよー。
ホッピー氏とは喧嘩もたくさんするし、そんなに頑張っていないし、
超テキトーだしね。
(でも、しーまんには「細かい人と思った事がない。どっちかってゆうと大ざっぱな人だなーと」と言われた。それって褒めてる…の??)
こちらこそ、こんなわたしですがゴメンよって思うよ。

でも、まッいいっかー♪
(って思ってるとこがイカンのよね…大ざっぱなとことか)

まわりに合わせるよりも、自分のテンポで歩いたり走ったりした方がいいよね。
子育てもそうだと思うし、自分自身の生き方もさ。
なんて、まだまだ言える立場じゃないけど。
でもいつでもそうありたいなぁと思う。

わたしたち、どんな歩き方していくんだろう?
楽しみだね。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-02-19 21:06 | メモ

2月ですねぇ

ごぶさたしております。
気付けば、2月初のメモ。
決して忘れていたわけじゃないけど、毎日のメモしたいことが
くだらんなぁと思うことばかりで。
でも、まあ、そうゆうのも積もれば、ね…。

と、いうことでお久しぶりのメモ。
e0056560_736222.jpg

最近テレビでPASCO「超熟」のCMが「かもめ食堂2007」になっているのを発見。
見た時、うれしくて小躍りをしてしまった。

もちろん、あのフィンランドの、ヘルシンキの、かもめ食堂!
小林さんの「いらっしゃい!」っていうの、大好きだなぁ。
DVDまだ買っていないから買わなきゃ。

「PASCO 超熟」




・この前、「THE3名様」やら「今何待ち?」をぶっ続けで見た。
…もちろん、塚本くん出演の、なんだけどね。
いろんな意味で男前やわ~と思う。
3名様で着ていた、エナメル素材の青色ホットパンツは最高に面白かった。

あと、Big Boyに行きたくなり、翌日ホッピー氏と買い物に行く途中にわざわざ遠回りして
Big Boyの前を通ってきてしまった。
岐阜のは看板の上に坊やが立っていなかったので残念。


・Monkey Majik + m-flo !!
 GyaoでPVが見られるのですが、面白いです。
 こうゆう映像作りをする人たちって尊敬するなぁ。アイデアが面白い。
 きっと彼らの頭の中もこんな風になっているのかも?

 なんか懐かしい感じの、それでいて今の空気いっぱいの素敵な曲です。

・雪、降らないねぇ。ちっとも寒くない。
 春のようなあたたかさで、日中外に出るとフと泣けてきます。
 あたたかい日差しがわたしの上に降り注ぐので。

 早いなぁと思うけど、またあの季節がやってくるのだなと。
 新しい季節が。


e0056560_7555661.jpg

今、いろんな所で波紋をよんでいる、厚生労働大臣の「産む機械」発言。
時代錯誤だなと思うし、確かに男性には産めないよね、耐えられないよねとか思った。

しかし。発言の前後があまり取り上げられていないので、なんとも言えないけど、
「機械」というのは確かにひどいなぁ。
わたしはまだ子供を産んでいないけれど、女性として「機械」に例えられるのは本当に心外だ。
大臣のこの言葉の中には、女性だけの問題にしているような感があるから。


そこに関わる男性のことなんて問題にしていないような気がする。
少子化だからどんどん子供を産んでください、ということだけで
子供が生まれて育てていく、男性も女性も一緒に育てていく、というところが見えてこない。

家庭崩壊とかいう言葉があるけれど、家庭を作っていくということも少子化防止の上で大切なことなのだろうに。

それに、もっと経済の面でも明るいものが見えてこないとだめだと思う。
格差が叫ばれているけれど、本当にそうだなと思う。
わたしが子供を作らないのも、今の生活に一人増えたらやっていけるのかなぁということもある。
子供を育てていくのにはお金がいるということは十分わかっている。
そして、自分たちがやりたいことにもお金がかかる。
だから働かなきゃいけない。
でも、なんとかなるもんだよと時々言われるけれどさ、
ほんっとーにわたしたちがいる業界は厳しいんだよね。
大手自動車会社のようなとても景気の良い会社もあれば、うちのような会社もある。
それはみんなが感じていること。
なのに、政治家のセンセイと呼ばれる人たちには感じ取れていないのだなぁと思う。

わたしは子供のため、家族のため頑張っているお母さん、お父さんを毎日見ている。
自分の両親たちもそうだった。

そして自分の人生、自分のためにも頑張ってみたいから働いているんだ。
そうゆう人って多いんじゃないかな。
なのに、働くお母さん、おうちで子育てをしているお母さん、お母さんだけじゃなく子育てに参加しているお父さんを、支える行政の体制ってまだまだなんじゃないかな。
それが負担で子供を生み育てることをためらう人たちって多いのかもしれない。

あの発言はひどいと思うけれど、これを機会にもっともっと国会で議論をしてほしい。
発言についての議論じゃなくて、もっとわたしたちの生活に直結する実のある議論を。
そしてわたしたちも、しっかり見極めていかなきゃいけないと思う。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-02-11 08:24