<   2006年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

雨ときどき毒

だってきらいだもん、と言ったけど

キミのこともきらいだよ。 なんてね。

いやいや、そんなことを言う自分のこともきらいだ。



どうしようもない、わたしだな。ってことで。
今日の「小出しスペイン」No.9

[ 一気にメスキータ見学です ]

e0056560_2332378.jpg


遠くからでも見えるのが、メスキータ。
786年に建設が始まり(平安時代ら辺だね)、その後増改築がされた
様々な文化が混在する世界最大級のモスク。

e0056560_23365553.jpg


この日はちょうどミサの日だったため、たくさんの人が訪れていた。
入り口のこの形、イスラムではよく見られる形だそう。





e0056560_23394279.jpg









e0056560_2341540.jpg









13世紀、カトリックの王により内部に礼拝堂が建てられた。


e0056560_23443576.jpg




天井にはかわいらしい天使の絵。
かと思えば…











e0056560_23472046.jpg













約850本の馬蹄型のアーチ。
不思議な雰囲気が漂います。

e0056560_23502968.jpg

ほら、ずーっと向こうまでアーチ。








e0056560_23542785.jpg








このころのイスラムとカトリックは
お互いの文化を大切にしながら共存していたのだな。






e0056560_23561113.jpg


モスクの独特の雰囲気に圧倒され
外に出てもその余韻に浸る、わたしなのでした。
(でも、このときホッピー氏とケンカしていたんだよね…あはは)
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-31 20:15 | 小出しスペイン(仮)

浜名湖の旅

またもや帰りに吉芋の芋けんぴ買ってしまいました。
今日のはしっとり、期待通りの食感でした(前回はちょっと堅かったの)
最近美味しいもの食べてばかりで、体重が気になるわたしです。

土日にホッピー氏の高校時代の友だち家族と浜名湖に旅行に行きました。
大人14名、子供5名の大所帯でした。
楽しかった~♪
何年かぶりの動物園で間近に白くまやキリン、ライオンを見たり
生まれて初めてイチゴ狩りをしたり
3歳のあっくんのお母さんが風邪で来れなかったので代わりに一緒に寝たり。
(子供って寝顔がほんとうに可愛いね)

たくさん写真を撮ったので、ここに載せることができる範囲でまたアップしたいと思います。

…の前に「小出しスペイン」No.8
[ コルドバ ]

e0056560_23154316.jpg






石畳の狭い道を歩いていくと…




e0056560_23173882.jpg





あ、まだまだ歩きます。
迷路のようで、同じ道をもう一度歩く自信はありません…





e0056560_2320283.jpg



「花の小径」と呼ばれるユダヤ人街に着きます。
家々の壁に植木や花が飾られていてきれいです。

ビートルズの「ミシェル」(っていうタイトルだったっけ?)を吹く子どもがいました。





e0056560_23241332.jpg





なんか気になってしまったので、Tシャツを撮ってしまいました。
すこーしだけミロちっく?いや、ピカソかな?
…たぶんどちらでもないと思うけど。。。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-30 23:27 | 小出しスペイン(仮)

お誕生日おめでとう、

モーツァルト!


今日1月27日はモーツァルトの誕生日。
彼が生まれて250年。
35歳という若さでなくなった天才音楽家は、
250年たった今でも人々を魅了し続けています。

e0056560_221940.jpg







合唱部だったくせに、音楽に少しは係わっていたくせに、ぜんぜん古典的な音楽はわかんないのだけど
モーツァルトのメロディはキラキラしていてワクワクする。
(こんな言い方しかできないのが情けないが)
あ、「きらきら星」もモーツァルトだったんだっけ?


e0056560_22364252.jpg



ひさしぶりに「アマデウス」観たいな。
(モーツァルトの一生と「謎とされる」死を描いた映画。わたしはかなり面白いと思う、この映画。スリリングで,モーツァルトがお馬鹿で良い。)
滑稽で楽観的で派手派手しくて、予想もつかない。
彼が生きた時代も今も、ちょっと似てる。

250年後の未来、どうなっているのかな。





(彼が生まれた街、ザルツブルグ)
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-27 22:16 | メモ

くるくる

まわっていた、という感じの今日一日。
でも、まあ楽しかったりする、それはそれで。
これくらい忙しいのがちょうど良いかもね。



e0056560_20263672.jpg
帰りにアクティブGの「Metal Element-Beyond 日本からの発信」展に立ち寄る。

”8ヶ国29名のアーティストが金属の狭義を超え、その他の素材を含めて
 独創的かつ思想的可能性を秘めて制作したオブジェやジュエリーを展示します”

なのだそうだが、
難しいことは抜きにして「これが金属なのかなぁ」って素直に驚く作品ばかり。
紙のような繊細な作品や、金属の堅さではなく「やわらかさ」をイメージするようなもの、
異素材と組み合わせた面白い作品などがあり、興味深い展示でした。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-26 20:46 | メモ

BLT

昨日の新聞の政治面に、こんな風刺漫画が載っていた。
小泉首相がレストランで「BLTサンドウィッチ」を注文する場面。
BLTとはベーコン・レタス・トマトの頭文字をとったサンドウィッチのことだけど、
ウエイターさんが持ってきたのは
「 B…BSE
  L…livedoor
  T…taisin kouzou 」サンドウィッチだった、というもの。
思わずそれを見て、うまいなーって思ってしまった。
どれも深刻な問題だな、このサンドウィッチで今の日本が見えてくるけど
こうゆう問題が起こるたび、食べ残してしまうんだ。

e0056560_2125598.jpg



ミクでわたしの地元&母校(高校)のコミュニティーを発見!
ミッチー(鬼体育教師)とかウィークリー(月水金に行われる恐怖の英語テスト)や
3年の時の担任の名前とか出ていて懐かしかった~

もうすぐわたしの所属していた合唱部の定演が行われるけど、
今年もみんなに会えるかな♪たのしみ。
あ、そのうちドイツ・オーストリアに演奏旅行に行った時の写真もアップしたいな。
(その前に「小出しスペイン(仮)」を終わらせなきゃね)


全然カンケイないですが、
ガッツ石松がジローちゃんスタイリングの”ちょいワルおやじ”風の格好+眼鏡に着替えると
ドン小西にそっくりだ、ということがわかりました。
以前、大須商店街で「おーいお茶」を飲みながら歩くドンちゃんを見たことありますが
意外と爽やかなおじさまでした。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-25 21:35 | メモ

ハヤシライスとホリエモン

さっきホリエモンが逮捕されたね。
株のことなんて全然わかんないけど、
夕食の熱々のハヤシライス食べながら、わたしはこうゆう幸せでいいや、なんて思った。
世界一になるとか、買収とか、お金とか、名声とか、そんなんよりも
こんなささやかな幸せでいいやーって。きっと塀の中ではこんな美味しいもん食べられない。
でもさぁ、世の中にはもっと同じようなことしてる会社っていっぱいあるんじゃない?
出る杭は打たれる、っていうけど
乙部女史、今後どうなるんだろうね。

実体のないものを何億とか動かしてると、麻痺しちゃうんだね。
ライブドアの去年のクリスマス会の様子やってたけど
サムい映像でした…バブリー感が満載で…痛々しかったよ。

ここ最近毎日ですが「小出しスペイン(仮)」No.7

[ AVEに乗って ]

e0056560_231956.jpg











新聞読んでるフリ。
言葉、まったく解りません…






e0056560_23221443.jpg

窓の外は、こんな荒涼とした大地が広がります。
ちゃんと撮れなかったのだけど、オリーブ畑ばかりです。
でも飽きない。ずーっと外を見ていました。







e0056560_23254658.jpg

AVE機内食。
ベーコンにあまーい餡子のようなものを巻いたもの、
パテ(前日のホテルの夕食でも出た)は食べられなかった…

あとウィスキーボンボンも。
かなり強くて、お酒に関しては底なしのダンナでさえマイっていました。



e0056560_23305693.jpg


列車のトイレに入ったらカギが開かなくて
かなりかなり焦りましたが、なんとか無事にコルドバに到着。
(こんな異国の地で閉じ込められるなんて…恥)



e0056560_23343750.jpg











e0056560_2336527.jpg







生ごみはこちらに。
かじったリンゴのマークがかわいい。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-23 20:31 | 小出しスペイン(仮)

Oliveと純一とNo.6 です

久しぶりに実家に帰ったら、
わたしの宝物、中1から愛読していた「Olive」(今は廃刊)が捨てられていた!!!!
衝撃的です。
もう二度とあんな雑誌は現れないでしょう。本当に稀有の存在だったのです。
なのに、なのに…涙。一冊も残ってないなんて。
「捨てるとき、oliveの素晴らしさが伝わってこんかったの?!」と父母に怒ったら、
「そんなのわかるわけないやん」とのんびり言われた。
かなりショックです。。。
あーあ。永遠のオリーブ少女でいよう。オリーブは永久に不滅だ。
そりゃ、石田純一も自分の事「エンドレス・サマー」っていう名前で
女子大生にメール送るわな。わたしもオリーブ精神持って生きよう(大げさ)。
しかし…しょんぼりだ。


くやしいので
「小出しスペイン(仮)」No.6


[¡ Buenos días ! スペイン ]
e0056560_22375133.jpg


¡ Buenos días ! (おはよう!)
一番好きな写真。なんでもないのだけど。ウエリントンの裏側、こんな風景。
朝7時でも真っ暗なスペインの朝。
いつも窓の外を眺めて、今日の旅はどんなふうになるだろう?ってワクワクしていました。
会社のデスクのシートにもこの写真を入れて、仕事中しばしトリップしています。
(仕事しろよ…)

e0056560_22464765.jpg








アトーチャ駅。
今日はAVE(スペインの新幹線)に乗ってコルドバに移動です。
のんびり時間のスペインには珍しく(?)唯一時間どおりに動くと言われている。

木々があるので、小鳥の声が聞こえます。



e0056560_22545284.jpg











AVEのビジネスクラス待合室。
新聞で昨日のテニスチームの記事を見つける。





e0056560_22584959.jpg

ドラえもんだー!
「¡ Hola Nobita ! 」
(オラ、ノビタ!=やあ、のび太)に、ちょっと笑ってしまった。
日本語の「おら(私)」って言ってるみたいで。
「ボク、ドラえもん」、なのにね~






e0056560_238753.jpg






e0056560_23930100.jpg











             


                もうすぐ出発です。  [ 続 ]
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-22 18:03 | 小出しスペイン(仮)

第3ラウンド

先ほど帰ってきました…第3回目の親知らず抜歯。
ということは、もちろんあと1回あります。
今日は左下の親知らずです。
わたしは4本ともまっすぐ生えているので、
よく聞く「歯ぐきを切って…(≧≦)」ということはなく抜くだけでした。
でもさ、今日のは強烈でしたよ。
最初、麻酔1本で臨んだのだけど、いざ抜き始めるとやはり…
痛いですよーーー!!!
いつもは「ふふーン♪」って感じなのに。
親知らずの回りは麻酔が効いていたのだけど、抜くこと自体には効いていなくて。
久々に泣きそうになりました。
追加麻酔でその後はいつも通りで、20分ほどでおわりました。
今日は麻酔が効いていて、いまだに左半分の唇の感覚が鈍いです。
自分の唇なのに触ると、”ちょっと表面が乾燥しかけたイクラ”みたいな感じなの。


お腹すいてるのに、ゴハンまだ食べられないから
久々の「小出しスペイン(仮)」No.5です。

[ さあ、おまちかねのプラド美術館! ]

e0056560_1335974.jpg



e0056560_1337713.jpg


わたしが中学生の頃好きだった絵。

ベラスケス「ラス・メニーナス」 
ベラスケス本人が登場していたり、構図が面白い絵。
なんかすごく惹かれてよく本を見ていたな。



e0056560_13444527.jpg






上の「ラス・メニーナス」にも描かれている「マルガリータ王女」。
こちらもベラスケス作。
スペインが「太陽の沈まない国」として無敵艦隊と呼ばれる強力な海軍により最盛期を迎えた少し後の作品。
(だったよ、ね?)





e0056560_1355773.jpg


美術の教科書にも載ってたよね、「裸のマハ」(ゴヤ作)。
実は「着衣のマハ」という服を着ているのもあるのよ。
二つ並べて展示。なんか贅沢な空間です。




e0056560_13595077.jpg

美術館を出ると外はまっくら。
建物のライトがステキ。


美術館って言うと「静かに」して見なきゃいけないって思うけど、
プラド美術館は学生が絵をみて勉強していたり、
人々が思い思いに感想を話していたり。
高い天井にざわざわ話し声が響くけど、それも心地よい感じです。
所蔵点数、約9000点(しかも一切盗品や略奪品がない)のスペインが誇るプラド。
こういった美術や歴史を大切にしているスペインの人たちの”誇り”を感じました。


e0056560_1414812.jpg

次回はゆっくり館内を回りたいです。
ミュージアムショップも行けなかったし。


〔 続 〕
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-21 13:32 | 小出しスペイン(仮)

メモ。うまいもの。

今日、差し入れで千種区の「吉芋」の芋けんぴを頂いた。
あまりに美味しくてここにメモ。
普通の芋けんぴじゃなくてね、少しやわらかいお芋に水飴がかかっているのです。
お芋がしっとりしてて、水飴が香ばしいというか味が深いの(ウマく説明できない)。
従来のより細くて長いので名前は「花火」。旨い、美味い!

あまりに美味しくて、先輩と部長とニコニコしながら食べていました。
名駅のメルサにもお店があるそう。

*キネマ旬報の2005年度の日本映画・俳優部門「主演男優賞」は
 オダギリジョーだったよ。もちろん「メゾン・ド・ヒミコ」で。
 もう一度見たい映画です。

ウォッカも凍るモスクワ、-30℃。明日の「大寒」の東海地方、雪みたいです。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-19 21:10 | メモ

チャンスを

e0056560_21381236.jpg

(↑岐阜県現代陶芸美術館『ロシア・アヴァンギャルドの陶芸展-モダン・デザインの実験-』展)
         

チャンスはいつも、わたしの足元に転がっているけれど
チャンスの扉はきっと、”望んだ人にしか”開かれない。

ふとそう思った。
望めば世界が変わって見える。
知らなかったものに出会える。
扉を開けて、一歩を踏み出すんだ、
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-18 21:47 | メモ