おひさしぶりです、ふたたび

ぬーん。
またまたお久しぶり、になってしまいました。
いつもみなさんごめんなさい。

わたくしは元気にやっております。
8月の産休まで無事に勤めようと思うと、やはり今以上に健康に気を付けねばならないので
5時半起床・10時半(頃)就寝を努めると、なかなかゆっくり日々の出来事を綴ることができなかったのです…。
大好きなみなさんのとこにも遊びに行けず、申し訳ない…。

e0056560_915894.jpg

← 19週終わりのお腹。
  普段着ないような服を着ているので、ちょっと楽しい。
  が、まだ「…あの人、ただ太ってるだけ?(にしては腹出てない??)」的なお腹なので電車などで席を譲ってもらったことがない。まあ、全然大丈夫なんですけどね。ガシガシ歩いているし、動いているから。
  ただ、みんな他人には興味がないのかなー。席に座ると携帯を見るか眠るか、だから。
  自分もこうゆう身になったからこそ、まわりに体調悪そうな人いないかな、とか席に座っていいかな、とか周りを見て座るけど。大変なのは自分だけじゃないんだから、まわりに注意をむけたいなぁと思う。

  23週の今はがっつりお腹も脚も(!)大きくなり、ニンプだなーという感じです。

  
薄着の季節になってきたので、街でニンプさんを見るとうれしくなる。特に通勤時間に見ると”わたしも頑張ろー”とか思う。
通勤も歩いているし、会社内でもよく動いているけど油断は禁物だなと思う。
お腹が張ってきたときは無理せず少し休憩することにしている。その点、うちの会社は結構良い環境なのかもなーって思う。更衣室で横になれるし。
ともかく、休みまではみんなに迷惑をかけないようにしなければ。



e0056560_9175261.jpg

話題は変わって、わたしの父のこと。

4月末で仕事を辞めた。実家は自営業だったので”廃業した”というべきか。
年齢的なこともあるし、今は大手の業者に圧されて大変なのだろう。
それを聞いたとき、仕方ないよね、とか思ったけど
夜ひとりになると、じわじわと色々な場面が浮かんできて、涙が出て仕方なかった。

仕事をする親の姿を常に身近に見れて良かったなぁと思う。
仕事場に連れて行ってもらったり、お手伝いをしたり。
決して楽ではなかったであろう(金銭的にも)、生活を、つくってきてくれた父。
そうゆうものをわたしたちは見ているから、なんだかよく分からないが涙がとまらなかった。



e0056560_930162.jpg
弟も同じ思いだったのだろう、仕事を辞めた日、電話で父と話したそうだ。
「お父さん、さとくん(弟)から電話がかかってきた後、泣いてたよー」と母にからかわれると、父は照れ笑いをしながらも、また涙を浮かべていた。

家族になるってこうゆうことなのかもな。
うまく言えないけど。

母と一緒に出歩くのが好きな父への、ささやかなプレゼント。
竹のお弁当箱と意外と似合いそうな赤ギンガムチェックのふろしき。
中には手作りのホウレンソウフランスパンを入れて。

これからも益々、元気でいてほしい。

わたしも産まれてくる子のために、そんな親になりたいと思う。


[PR]
by ryo-5-1006 | 2008-05-18 09:37 | メモ


<< あとすこし! おひさしぶりです >>