12 サン・セバスティアンとビアリッツへ①

今日は友達にフランスの国境に近いサン・セバスティアンに連れていってもらいます。この地方はバスク地方とよばれ、
独自の文化・言語が今も残っています。
そして今、世界中に注目されるスペイン料理にはこの地方出身の料理人が多いそう。

e0056560_15152845.jpg

最初の旅の予定ではこのサン・セバスティアンやバスク地方の文化の中心であるビルバオにも行ってみたいなと思っていたのですが、日数が足りないので断念したのでした。

しかし、Eちゃんと彼氏のご好意によりサン・セバスティアンに行けることに。しかも、フランスの町、ビアリッツにも連れていってもらっちゃいました♪

食べ物が美味しいサン・セバスティアン、そして初めての南フランス!
ワクワクです☆



e0056560_15252445.jpg

Eちゃんの彼の運転する車で、サン・セバスティアンへ。
コンチャ湾を擁するこの町は高級避暑地として知られます。
あいにくの曇空でしたが、バカンスを楽しむ人たちがいっぱい来ていました。


e0056560_15321763.jpg

旧市街を歩きます。
そこかしこにBarがあって、楽しそう~!
Barへは後ほど…♡






写真の奥に見えるのはサンタ・マリア教会。
















e0056560_15355474.jpg

サンタ・マリア教会の前に立って、来た道を振り返ってみます。
見えるかな?遠くにカテドラル。
まーっすぐ、通りが伸びています。






















e0056560_15403468.jpg



















つづく
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-09-24 15:44 | 2007スペインふたたび


<< ふーっかつッ(復活)! おやすみのメモ >>