VOLVER

e0056560_2033870.jpg

気付けば、もう7月。
(6月は31日まであると、思ってた…)

そんな昨日、6月30日はペネロペ・クルス主演の「VOLVER(帰郷)」の封切りの日だったのでモレラに行って来ました。

20時からのレイトショー。
この日は他のいろんな映画も封切り日だったりしたので、TOHOシネマズにはけっこう人が。
でもね、私たちが観た回の「VOLVER」は、100人くらいのスクリーンに10人くらいしかいなかったよ。



”ペネロペが出てる・スペイン舞台・スペイン語”という情報くらいしかなく、この映画を観たのだけど、
ペネロペ・クルスってなんて魅力的な人なんだろう!と、わたしにはけっこう衝撃的だった。

それまで彼女の演技を観たことがなく、雑誌のゴシップ記事ではよく見かけていて、
ハリウッド女優の中では一番好きな顔だなぁ、くらいしか思っていなかったのだけど。

e0056560_20151114.jpg

容姿の良さだけじゃない、目がいろいろなものを語りかけてきて
ついつい引きこまれてしまう。

写真は印象的だったシーン(パンフレットより)。
レストランでタンゴの名曲「VOLVER」を歌うシーン。


ギターとリズムを刻む拍子が聞こえてきたときの、彼女の表情がすごくよかった。
目がキラキラして、とっても生命力に溢れている目。(うーん、なんと表現すればよいのだろう)
それだけじゃなくて絶望・怒り・喜び、いろんな感情が目で表現できるなんですごいなぁと思った。

それにしても、出てくるラ・マンチャの風景、人々の暮らしにも目が釘付けだった。
耳はスペイン語を追っていたので、最初はちょっと人間関係の所が掴めなかったよ(^_^;)
でもね、だんだん慣れてきて「おおう、このフレーズちょっと解る!」とかあって
ちょっとしたスペイン語の勉強にもなりました。(ほんのちょっとだけど)
ホッピー氏も数やあいさつのスペイン語の単語が聞き取れたみたいよ。

夜だったのか観客も少なかったんだけど、さっきの歌を歌うシーンで
どこからか映画と一緒に拍子を刻む音が聞こえて来たの。
後ろの席に座った、一人で来てた女の人かな?
なんかこうゆうの、いいなぁ。

もう一度観たい映画です。
ここでは詳しくストーリーが言えないのがもどかしいのだけど、
観るたびにわたしが、それぞれの登場人物の目線でみたら(ペネロペのライムンダ役以外で)
また違った思いで感じられるんじゃないかなぁ。


●さてはて、今日は今シーズン3回目のB.B.Q!
 蒸し暑かったけど楽しかった~

e0056560_20493760.jpg
 そんな今日はさっぱり夕飯食べたーい!ってことで、
 ノリで買った”男前豆腐”の「ジョニ男」。
 ちっちゃいクセに108円なんて、奥さん高いわよ!って感じなんだけど、
 食べてみると濃くって美味しい~♡
 柚子胡椒+お醤油で食べてみました。
 なんかチーズみたいでお豆腐じゃないみたい。
 やるじゃん、ジョニ男。e0056560_2055197.jpg

 う×こ座りで豆腐を食べる男前。
 アブノーマルな食べ方も提案してくれてます♪
[PR]
by ryo-5-1006 | 2007-07-01 20:56 | メモ


<< おつかれさま~自分。 窓際族 >>