おつかいデイ

今日のわたしの一日は
晴れ → 曇り → 雨~雷 → 晴れ  という感じでした。

まさに喜怒入り混じった一日だったので
お天気順に今日のわたしをメモメモ。

[ 晴れ ]
出社前に労働基準監督署に行って書類を提出してくるようにとの任命を受け
(単に岐阜に住んでるなら行ってこい、ってことだけなんだけど)
ちょっと遅めに起きて、名鉄に乗って監督署に行く。
普段JRユーザー(って言うのか?)のわたしは、名鉄に乗るのは新鮮でワクワクでした。
新岐阜から1駅だったのだけど、家と電車が近いのは鎌倉の江ノ電みたい。
ホームで真っ赤な電車をウキウキ気分でパチパチ写真撮る。
…ってイチオウ仕事中なんですがね。。。

労働基準監督署前のマンションがわたしのツボにぴったりはまり、
行きも帰りもしっかり建物をチェックしながら歩いた。
オシャレで部屋も広そうなの。家賃いくらかしら~?などと考えつつ。

労働基準監督署・ハローワークに着く。
初めて来たので、こちらもドキドキワクワク。
「求人」のブースにはズラーっとパソコンが並び、求人情報を検索している人がいっぱい。
満席で、職を探している人って沢山いるのだなぁと世間の就職状況を改めて知る。

[ 曇り ]
「雇用主援助」という課に案内される。
職員のオジサマ方に”なぜ、ここにこんなコムスメが…?”という表情をされる。
とりあえず本社から渡された書類を提出。

(オジサマ) ………。
ええ?何、何?
わたしはこの書類を届けに来ただけよー。
このまま出せばいい、って言われたんだもん。

ウキウキドキドキの晴れ気分は徐々に曇りに…

いろいろ提出書類について質問されたが、まったく予知していなかったことなので
あまり答えられず。
結局、この書類では不備があり受理できないとのこと。

なんだよーこれをこのまま出せっていったじゃん!
と、本社にふつふつと怒りがこみ上げてくる。



[ 雨~雷 ]
ぱぱーっと提出して駅前でお茶でもしていくかな、という当初の予定が大きくずれ、
名古屋行き電車に乗ったのは11時近く。
とりあえず、誤記入があったところには訂正印を押さなければならないため、
社長印がある錦の本社に直行することにする。

本社に行くと担当部署のT部長(超テキトウ)、ベテラン(お局)担当者Nさんが休み、とのこと。
いるのは最近他部署から異動して来たモヤシ(仮名)のみ。
このモヤシが今回、名古屋支店に雷を落とすことになろうとは…まあ、ヨソウしていたけどネ。

とりあえずモヤシに相談。
すると返ってきた答えが…
「担当じゃないからわからない」………!
こっちもわからんのじゃー!
とりあえず強気で「でも、そちらの部署から『このまま提出して下さい』って言われたけど、
監督署に返されましたよ、間違ってるとこがあるって」
モ:「でも、分かんないんだよね~担当じゃないから」
てか、訂正印押すだけじゃん!押せよ!(`ε´)
私:「じゃあ、同じ書類を全店に送っていると思うんですけど、他の支店からクレームなかったですか?」
モ:「ほんっとに分かんないんだよねー」
…じゃねーよ!!

で、あーだこーだ言っているうちにお昼時間に。
とりあえず出張中のT部長に電話をしてみる、とモヤシが言うので待つ、わたしに。
”なんで居るの?”って顔で見てきた。
…エ?もうお昼時間だから問い合わせはしないよ、ってこと??
唖然とするわたし。おまえは役所かーーーー。うがー!
わざわざ本社にきたんだから、お昼休みに少しかかっても電話くらいしてくれていいじゃん!

めまいがしつつ、諦め、本社勤務のホッピー氏とその仲間とランチに行く。
結局、全支店に送付した書類は間違っていたコトが発覚。

支店に帰り、上司に報告。
常日頃から本社の対応の悪さにアタマにきている上司は怒り心頭。
「本社にはチクチク文句いっておきましたから~(^0^)」と言って上司をなだめる。
この人が行かなくてヨカッタよ、わたしが直接対応してヨカッタよ、と内心安心。
怒りっぽいからなぁー。とりあえず何は逃れたか、と思っていたら…


支店にモヤシ登場。
訂正のため労働組合印を押しに来たとのこと。
もともとわたしはモヤシは苦手とする類の人間なので、極力目が合わないように忙しいフリ。
しかし、モヤシはわたしの席にやってきた。
正しい書類をチェックしたのだけど、記入すべき日にちが書いていない。
この日にちは最初の本社の指示では、監督署に聞くということだったのだけど、
監督署では「会社で聞いてもらわないと分からない」とのことだった。
そのことをさんざん本社に行った時も言ったのに、やはり解決されていなかったので、
再度モヤシに言ったら、案の定「ボクは担当じゃないから」と言われる。
それを聞いて、恐れていたことが起きてしまった。

上司・W部長の雷が落ちてしまったのだ。
さすが、元応援団だっただけあり、声はデカイ。
確かにこれは声を大にしてわたしたちが怒っていいことだよ、と思って
心の中で「いいぞーもっと怒ってくれー」って声援をおくっていたのだけど。

なんて言ったと思う?モヤシ。
W部長に対しても言い返したんだよ、キレ気味に。「担当じゃないし、ノータッチです」
ガーん。
「それにT部長とNさんが今日は休みでやる人がいないから
たまたまボクがやってるだけですし」だと!
がーーーーーん。
一気にフロア中の空気が固まるのを感じましたよ。
あんた、言っちゃったね、それ。
唖然です、再び。
元の部署でも、人に自分の仕事をよくふる・無責任、などと先輩から聞いていたのだけど。
新しい部署でも”ツカイモノ”にならない、って聞いてたけど、
ホントだったんだね、ホンモノなんだね、と変な感動。
わたしもまわりの人もカチーンと既に来ていたけど、
W部長「……!出ていけーーーー!」
爆弾が落ちました。
わたし、ちょっと泣きそうになりました。
でもモヤシ「そんなことボクに言われても困るんですけど」。
おおおおーい。(ムンクの叫び)
呆れました。

その他モヤシはたくさんの名言を残して本社に戻ったけど、
いちいち思い出して、そのたびにムカムカするのはアホらしくなっちゃう。
でも、みんなの共通の認識。
知らない・分からないなりに出来る対応はなかったのか。
仕事に対する向上心がない。(あんた何年目?)
3月で社内カノジョと一緒に辞めるから、ヤル気がないのか?ルンルンなのか?
でも「ノータッチ」で済まされることか?
ここを辞めて、他に行ってもこんな姿勢じゃどこ行っても一緒。
そりゃ家庭不和だわな。こんなのと一生共にしたくはないね、ホント。
社内内カノジョよ、目を覚ませ!
…というか、このオトコのどこに魅力があるのか???謎だよーーー

などなど。結局、そこに行き着いてしまうのだけど。
でもさ、社会人としてあの対応はないよね。
なんとか解決しようとしろよ、いつまでたってもノータッチじゃん!
モヤシと話していて、すっごく頭が痛い・気持ち悪くなってしまったよ。
なんかマイナスの空気が漂っているというか。
あーーー。気分が悪い。
本当に部屋の空気が悪かったので、自販機にジュースを買いに行く。
帰りにI君と出会い、先ほどの事件について語っていたら、
講習会の休憩時間をすっかり忘れていて、1時間遅れでコーヒーを出した。

なにやってんだ、わたし。
モヤシのこと言ってられないな。
ちょっと凹みました。

120%、あっち(本社)の不手際なのに最後に逆ギレされ、
結局月曜日またわたしは監督署行きです。。。
(話が分かる本社が行けばいいっていったら、「なんで行かなきゃいけないんですか?」(byモヤシ) )
まあ、今日わたしが行って間違いが発覚したからよかったけど。
だって、本社から書類が来たのも監督署に提出する5日前だよ。
しかも土日入れて…。
月曜にいこうと思っていたけど、今日行ってよかったよ。
スケジュール的にも余裕なし、書類は間違ってるわ、
まあソウムがやりそうなことだ。




*エキサイトしすぎました。
 最後の「晴れ」の出来事はまた明日。

 愚痴りすぎてゴメンなさい。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-02-17 23:16 | メモ


<< おつかいデイ2 もう寝ようと思ったけど >>