雪だねえ

今日も雪です。
寒かったけど家に帰ってからサクサク家事をこなしました。
シャツのアイロンがけは明日にまわしたけど…

まだまだたくさん写真があるから
「小出しスペイン」No.14

[ グラナダ → ミハス ]

150kmのバスの旅。
e0056560_14133826.jpg


途中のサービスエリア。
天井に豚の足が沢山吊り下げてある。
これを薄く切って、パンにはさんで食べる。(ボカディージョという)
もちろん、食べた。美味しかったな。








e0056560_1421178.jpg





ミハスに到着。
「白い村」とも言われる白壁の家々がたつ小さな村、ミハス。









e0056560_14311799.jpg

まずは昼食。
じゃがいもを揚げたものとタラは美味しかったのだけど
ねぎとグリンピースとインゲンらしきもの(何て言う料理かわからない)は美味しくなかった…
インゲンが変わった味でした。苦いというか、なんというか。。。モゴモゴ。。。


e0056560_14381033.jpg

デザート。エスキモーのアイスクリームみたい。
チョコレートの層がパリパリ。







e0056560_14405967.jpg


ごはんの後はそれぞれに街を散策。





e0056560_14434838.jpg
( 続 )










ミクで小学校時代からの友だちKと出会う(?いや、待ち合わせ??)
わたしの知ってる彼女とはまた違った一面が見れてちょっと感慨深くなった。
ほんとうに相変わらずのマイペースなわたしで
離れ離れになってからそんなにKの領域に入ることもなく、
時々会っては会わなかった時期の話をガーってして、
また会おうねって別れる、そんなわたしとKなのだけど
小学生の頃からよく知っているKとは違うKがいて、
わたしは本当に人とちゃんと関わっていないのかもなぁと思った。
それがわたしのペースというかリズムなのかもしれないけど。
ネットがある時代で良かった。
バーチャルじゃない、離れていてもちゃんとつながっていられる、って思う。
そんな気持ちもこめていつもブログを書いている。
最近一番好きなドラマで「神様はサイコロをふらない」っていうのがあるけど、
10年前の自分、どうだったかな。
まさにKやキヨたちと過ごした中学生のころだったけど。
今日までの10年間いろいろあったから、ここにいる。
ここにいて何かを誰かに発信している。
わたしは転んだり立ち止まったり、笑ったり泣いたりしながら
こんな毎日すごしています。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-02-06 22:58 | 小出しスペイン(仮)


<< マルバツ 休日出勤の >>