ひとりよがりBOOK

e0056560_13462427.jpg








中・高生のころ、よく一人で雑誌やお店に置いてあるフライヤーなどを使って
「ひとりよがりBOOK」(ことね命名)を作っていた。

MUJIのはがきサイズのファイルに
コラージュした雑誌の記事や写真などを入れて、
”わたし製のビジュアル本”を作るのが趣味でした。(暗い…)
あと、フリーペーパーとか。こちらはかなりの出来なのだけど、あまりにも身内ネタすぎてお見せできないのが残念!


勉強よりも夢中になってやっていたなー。
結婚するときに、実家に色々置いてきたけど
この「ひとりよがりBOOK」と写真のアルバムだけは忘れず持ってきたくらい
思い入れのあるものなのです。


レイアウトとか考えて、切ったり貼ったり書いたりして楽しかったな。
本当に”ひとりよがり”なものなんだけど、
何かを作りだすって楽しいし、とっても刺激的。

(↑上のは「sugarcubes」という架空のブランドの広告をイメージしたもの。
 「sugar-」はわたしの愛するbjörkのいたバンドの名前。ふきだしの言葉は、björkの歌の歌詞)




e0056560_1483578.jpg




e0056560_147233.jpg


















こちらは雑誌に載っていたショーの様子。確かコム・デ・ギャルソン(渡辺淳弥の方)。
それを色紙貼ったり、色鉛筆で色塗ったりしたもの。バックはきれいな柄の和紙。

e0056560_14183041.jpg




「KICK IT WAKE UP」好きな言葉。
電気グルーヴの歌詞なんだけど。
昔よくあった、擦ってカセットテープのタイトルラベルなどに転写できるシールを使う。





e0056560_14313442.jpg
あはは。こんなのもあった。「鮫肌男と桃尻女」のアサチュウ。
クラブのフライヤーに貼っただけなのに、なんか狂った感じで良い。血ィ出てるしね…。




そんなのもあり、こんなのもありな「ひとりよがりBOOK」
今年は新しいの作ってみたいな。
10年前はこんなものをつくっていたけど、
今はまたちがったキブン。どんなのができるかな。
また一つ今年の楽しみができた。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2006-01-15 11:35 | メモ


<< 今日もお世話になりました Paso 41 >>