ついに…!

左上の親知らずを抜きました。

麻酔×2で全然痛くなかったのだけど、
ペンチみたいなので抜くのだけど紀宮さま先生(似てるのです)、
小柄な方だったので力がちょっと足りなかったらしく、
途中で男性の先生が加勢してようやく抜けました。

バキって歯がかける音はちょっと怖かったけど、
それ以上に器具で歯を抜いているとき
どーなっちゃうんだろうって思った。なんかね、頭がもっていかれる感じで。
痛みはまったくなかったので途中で安心して、鼻がかゆくなって掻いたりしてたんだけど。
口をへんなふうに開けてるほうが辛かったです。

抜けたとき全然気付かなくて、先生に「抜けましたよー」っていわれて
ちょっとビックリした。全然痛くなかったやんって。
抜けた歯を見ると更にビックリ。
虫歯が進行していたようで先っちょが黒くなっていて、
しかも先生に「大変珍しいのですが」って言われた親知らずの根っこ。
普通は一本の根っこなんだけど、わたしのは3つに枝分かれしていたの!
しかもよく見ると根っこの1つがクルンってなってたの。
だから先生抜くのてこずっていたのね~
記念に持って行かれますか?って言われたけど…いらないや。
自分の歯だけど、なんかねえ。


で、次回は12月10日。右上の親知らずです。
e0056560_2059934.jpg


次回も紀宮さま先生がいいなあ。
(男の先生は力任せって感じてちょっとビクビクしました)
[PR]
by ryo-5-1006 | 2005-11-19 21:01 | メモ


<< 不覚にも ぐぐっとこらえて >>