ありがとう

先日、懐かしい仲間たちに会いました。
高校時代の部活動の仲間。
顧問の先生の古希のお祝い会でみんな集まったのでした。

もう、ほんとうにうれしくって、
話したいこと、聞きたいことがたくさんありすぎて、
胸がいーっぱいになって、ご飯が食べられなかった…
(大食いのわたしが!)

みんな変わってないような、変わったような。
そりゃあ、高校時代から数えると10年は経っているもんね。
わたしは相変わらずオバチャントークでしたが。

久々の先生の指揮で、懐かしい歌をうたいました。
いろんなこと・思いがあふれてきて、まっすぐ先生をみてうたえなかった。
卒業するときの演奏会でも、こうしてうたいながら泣いていたなぁ。

すごく幼い自分が懐かしいのと、
もっとあの時こうすれば良かったという反省ばかりが、思い出されるけど
今言えることは、あの頃と同じ歌はうたえない、ということ。
良くも悪くも、わたしから出てくる(生み出される)歌声は、
その時を生きているわたしなのだから。

今ならどんな歌がうたえるだろうね?みんな。

e0056560_17393641.jpg

                    高2の時の全国大会のパンフレット。
            (名ばかりの)部長だったので、この時の大会は一番覚えている。




それから。
素敵な文集を作ってくれた I君。ありがとう。
4年前の自分の気持ちに再び出会えたことをうれしく思ったと同時に、
こんなふうに誰かと今について、未来について
それから過ぎ去ったものについて、たくさん話をしたいな、と思ったよ。
うーん、もっと学生時代に I君といろいろ話したかったな。
次に会う時のたのしみにします。
でも、また胸がいっぱいでアワアワしてたら、ゴメンね。
[PR]
by ryo-5-1006 | 2009-12-11 17:55 | メモ


元気です、秋(じゃなくて、もう... >>